デザインツールは種類が多く、UIデザインを作るツールも進化しています。Sketchは根強い人気を誇るツールで、様々な特徴を持ちます。他のツールに比べて使いやすく、シンプルなインターフェースは多くのユーザーに支持されています。

世界で100万人以上のユーザーを持つSketchは、基礎知識を持っていれば初心者でも使いやすいアプリです。様々な素材があり、プラグインで必要な機能を追加できます。外部のサービスとも提携でき、クライアントやチームのメンバーと共同でクラウドスペースを使えます。ワークスペースに複数のアートボードを作成できるので、使用しているデバイス別に分類できます。シンボルは便利な機能で、共通するパーツを登録すれば全てのページに変更が反映されます。

クラウド上でデザインを共有できるため、必要なコメントを残せます。エンジニアとの共有も簡単で、ファイルはクラウドからダウンロードして使えます。アップデートが行われ、現在は新しく2種類の機能が追加されています。色変数の機能は、ドキュメント上の色を登録して編集できます。シンボルのようにドキュメント上の色を変更でき、編集では境界線に関係なく色の変更が反映されます。コンポーネントビューの機能を使うとドキュメントに紐づいているテキストやシンボル、レイヤースタイルを編集できます。コンポーネントを一覧できる画面が加わり、名前の変更やグループの整理が簡単に行えます。

ボタンを押せばテキストやシンボル、レイヤースタイルなどの画面が切り替わります。複数のコンポーネントは、グループにして整理できるので便利です。挿入窓も変化しライブラリに登録している全てのテキストやレイヤースタイル、シンボルがプレビューに表示されます。キーボードを押すだけでプレビューが常時されるので、初心者でも見やすいです。新しい機能が加わり既存の機能が修正されているので、作業効率の向上が期待できます。

Sketchと人気を分け合っているAdobeのXDは、デザインの初心者にも使いやすいソフトウェアです。他のAdobe製品と連携でき、リンクの共有や共同編集など便利な機能が搭載されています。ショートカットキーを使えば、効率的に作業を進められます。日本では昔からAdobe製品の人気が高く、個人でも法人でも様々な製品が活用されています。日頃からAdobe製品を使っているユーザーなら、学ぶコストも不要です。