ウェブデザインを独学で学ぶ上で一番大事なポイントとなるのが、各マーケットの合わせたターゲット層をしっかりと念頭において考えて作られているのか?という点になります。その一例として今回はオンラインカジノという日本マーケットに注目して紹介していきたいと思います。

まず、「レオベガスカジノ」の紹介サイトを例として見て頂きたいと思います。(参考ページ:レオベガスのカジノボーナス)こちらを例に挙げた理由は、今回はこれからもっと周知されていく業界・マーケットの一つという点です。というのも、知る人は知る最近人気のオンラインカジノですが、正直いうと日本ではパチンコ・パチスロや競馬、宝くじほど周知されている分野ではない為、自分が行う宣伝効果やマーケットの上昇が見やすいという点がある為です。

パチンコを周知させることを自分が行う宣伝効果で上昇させることはすでに難しいかと思いますが、まだ知られていない分野・プロダクトの宣伝効果は見えやすいですよね。

では、本題に戻りますが参考ページを見て頂くと、特にポイントとなる点があります。それは、まずこのサイトは特にレオベガスカジノ以外にも多数のカジノの紹介、またボーナス情報をメインに宣伝しているサイトとなっているところです。

またサイトデザインを見る限り、紹介しているカジノサイトやボーナスのイメージ画像がとてもカラフルなものが多いため、サイトの骨組み自体のカラーはとてもベーシックなデザインだという点です。

日本のマーケットは基本的にキャラクターやイメージを多用に利用する傾向がとても高く、サイトデザインはそのマーケット自体の象徴と言っても過言ではないでしょう。サイトロゴに起用されている豪華な金色の紋章もカジノというイメージのぴったりの高級感を与えておりとてもマーケットイメージに合ったサイトデザインかと思います。

特に実践的な知識として大事になるのは「そのマーケットを知る」「分かりやすいイメージやカラーコーディネート」「サイトの見やすさ」の3点になりますが、参考ページは上手にその分析を行えており、サイトデザインとしてもしっかり実行できている良い一例だと言えるでしょう。