UXとは「User Experience (ユーザーエクスペリエンス)」の略で、製品や、ウェブサイト、サービスなどを通じて体験する顧客体験を意味します。

ユーザーが、ウェブサイトでの体験を向上する事ができれば、顧客満足度に繋がり、より良い経営に近づける事ができます。では、ウェブサイト上でのUXを向上させるにはどのような方法があるのでしょうか?

このページでは、ウェブサイトの実例や、ウェブサイトを通じてUXを向上させるためのコツをご紹介していきます。

UXを向上させるウェブサイトの実例

今回は、サイトの使いやすさでも好評の、人気オンラインカジノサイトの「ギャンボラ」を参考にみていただきたいと思います。ギャンボラのサイトでは、常にユーザー目線のサイトを意識しています。

例えばサイトを見ていただくと「ギャンボラを利用することでユーザーが得られるもの」「ユーザーがよく抱えている質問」「ユーザが一番気になるゲームのセレクション」などをサイトのトップページに掲載していることが分かります。この様にサイトでは「ユーザー」が得られるものに着目した上で作られている事が分かります。

では、UXを向上させるウェブサイトにはどの様な要素が必要なのか以下で見ていきたいと思います。

UXを向上させるウェブサイトの要素

UXに着目したウェブサイトには以下の様な内容が挙げられます。

・使いやすさ

ページを開くまでの速度や、メニュー欄、サイトを見た時にどこに何があるのか分かりやすいかなど、ユーザー目線でサイトの使い心地に着目する必要があります。

・信頼性

提供しているサービスは安全なものか、利用している顧客情報の取扱い方法などを明確にすることで信頼性を上げる事ができます。

例えばギャンボラのサイトでは、顧客情報の取扱いや、ライセンスを保持している安全なカジノサイトであることをサイト内に明記することでユーザーの信頼度を上げています。

・デザイン・見た目

色使いや、フォントなど、対象とするユーザーに好まれるデザインを意識することでサイトのUXをより向上させることができます。

シンプルでビジネス向けのデザインや、若者向けの派手で明るい色使いなど、提供しているサービスを利用するユーザーによって変える必要があります。