webサイト 作成は目的により、大きく分けると9つの種類に分類されます。目的によってどのようなwebサイト 種類があるのか、それぞれの種類の特徴や目的、webサイト ポートフォリオなどをしっかりと把握しておくことが大切です。 webサイトの種類のまず第一に挙げられるものがオウンドメディアと呼ばれるものです。企業自らが運営するメディアサイトのことを指し、自社メディアがあれば広告費をかけることなく自社の広告活動を行うことができます。

自社の認知拡大から集客、売り上げ向上などが目的です。 2つ目にあげられるものがECサイトです。インターネットで商品を販売するためのサイトのことを指し、インターネット通販を提供するために使用するものです。インターネットを通して商品を販売したいと考える場合には、ECサイトを構築することになるでしょう。 3つ目がコーポレートサイトですが、これは企業の公式サイトのことを指しています。企業の紹介やブランディングなどが目的であり、必要な情報を提供するために制作します。提供する製品やサービスの商材などのコンテンツは必須と言えるでしょう。

自社の雰囲気に合ったデザインになるように工夫が必要です。 4つ目がランディングページであり、これはサイト内でユーザが一番最初にアクセスするページのことを指しています。商品販売のために利用されることが一般的であり、最終的に商品購入に至るように誘導に工夫が必要です。 そして5つ目がリクルートサイトと呼ばれるもので、これは採用に関する情報が提供されているサイトのことを指します。求職者のための情報提供のほか、企業とマッチした人材の採用が目的です。求職者の目線に立ち、安心して応募できるようなコンテンツの作成が求められます。

6つ目がポータルサイトであり、これは巨大な規模のサイトです。ニュースや役立つ情報など幅広くコンテンツを掲載する必要があります。 そして7つ目がプロモーションサイトと呼ばれるマーケティング活動の中の1つを指します。自社の製品やサービスの良さを知ってもらうために作るもので、商品に関する詳細な情報を掲載する必要があります。インパクトのある画像やキャッチコピー等を押し出すことも重要です。 8つ目がサービスサイトで、特定の商品やサービスに特化して作られたサイトを指します。より深くユーザに知ってもらうために問い合わせ購買ページまで併設しておくと良いでしょう。 そして最後がブランドサイトです。企業自体の魅力をまとめるサイトであり、企業のブランディングが主な目的にあたります。ユーザの感情に訴えるようなコンテンツを掲載することが大切です。