在宅で勤務ができ、独立の可能性もあるWebデザイナーは人気の仕事です。この仕事に必要な6つのスキルと知識を紹介します。

まずプロジェクトマネジメントの能力が必要です。Webサイトの作成を1人で行うことは稀であり、多くの人が力を合わせて完成させます。記事を書くライターや写真撮影をするカメラマン、面白い話を引き出すインタビュアーなどが携わることが多いです。その人たちの仕事をうまく管理しながら、期限までに成果を出すのがプロジェクトマネジメントです。これができる人が中心となりますから、活躍したいなら必須の能力です。

次にマーケティングの知識です。数多くあるサイトの中から自分の手掛けるサイトを見てもらうためには、Web空間全体の中でどのような立ち位置にいるのか把握する能力が必要です。それを実行するには調査能力と分析能力が欠かせません。特にビジネスマーケティングの世界においては分析方法がメソッド化されているため、それを身に付けているか否かが大きな差を生みます。

そしてSEOのノウハウも大切です。SEOは検索順位を上位にあげて、サイトを見てもらう可能性を高めるものです。いいサイトであっても見てもらえなければ価値がありませんから、SEOを活用して数多くの人に見てもらえるように設計するのです。

さらにHTMLのコーディングができる必要があります。デザイナーの立場ならコーディングはできなくてもいいと考える人がいます。しかし現実には、HTMLで実現できるものを把握していなければ、アイデアを形にすることはできません。Wordpressなども普及していますが、サイトづくりの基本はHTMLとCSSです。これを学ばなければ必要とされる人材になれません。

くわえてJavaScriptやPHPなど、サイトに組み込まれることの多いプログラミング言語を知ることも大切です。プログラマーではありませんから、コーディングは必須ではありません。ですがこういった言語のプログラムで何ができるのか、は知らなければなりません。意匠と機能は切っても切れない関係ですから、意匠担当者が機能に詳しい必要があります。

最後にデザインの知識とセンスです。なんといってもこれが仕事のメインであり、はずせない部分です。多くの優れたサイトをチェックし、その良さを言語しておくことが肝心です。自分でデザインするときにも、豊富な知識の中からクライアントの要望に沿ったものを頭の引き出しの中から取り出して形にするのです。この仕事の難しくも面白い部分です。